スポンサーサイト

エキナセアティー(パープルコーンフラワー、紫馬簾菊(ムラサキバレンギク))

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

ラフェアさん、こんばんは(^-^)ノ

薬草のような香り…思わずドラクエを思い出してしまいました(^^ゞ
あれは何となく飲むというより、ヨモギのように傷口に張り付けるような感じで使うんでしょうね~…って、ドラクエの話を(笑)
ご紹介のハープ、本当今の季節にぴったりですね。
今年はとくに花粉が酷いらしいですし…花粉症のかたは大変ですね(;.;)
私は今の所大丈夫なのですが、ある日いきなり花粉症になったりするって効いたことがあるので怖いです(;.;)

そうそう!辻利頂いてみました~!
ラフェアさんのおっしゃるとおり、クセもなく水に近いあっさりとした飲み心地でなので、濃厚なお菓子より、繊細な風味のお菓子に合いそうです♪
トップバリュのお茶、売ってるのを見ました(^^)v
次の買い出しの時に購入してみます~。
いつも素敵な情報ありがとうございますヽ(*^。^*)ノ

Comment by: みぃち  | 2008年 01月28日 | 編集

>みぃちさん
こんばんは。

みぃちさんもドラクエの薬草は外用のイメージなんですね、自分もそのイメージでした。
とはいえ子供の頃は草を貼るイメージがピンと来なかったのですが、映画「ロード・オブ・ザ・リング」で薬草を口で噛んですり潰したような状態を傷口にすり込んでいる状態を見て、薬草の具体的な使い方をイメージできるようになりましたよ。

お店の方によれば、エキナセアは冬が最も需要があるそうです。エキナセアの効能を考えれば納得ですよね。
花粉症は突然なるということがあるようですので、このままならないでいたいですよね。

辻利はやはり繊細な風味のお菓子の方が合いそうですか。貴重なご意見ありがとうございます♪
こちらこそいつもお菓子の新作情報ありがとうございます。

Comment by: ラフェア  | 2008年 01月29日 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class=/span!--/plugin_second--