スポンサーサイト

カップやポットを温めたか否かによるお湯の温度の比較

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

美味しいお茶を飲みたいのでこの実験楽しみです
って言いつつ適当に入れちゃう事が多いですw

Comment by: けいにゃん  | 2009年 04月20日 | 編集

>けいにゃんさん
>って言いつつ適当に入れちゃう事が多いですw

ありますよね!
自分も普段はそんなもんです。

ただ、どう変化が出るかは知りたいところなので、頑張って実験やります。
けいにゃんさんの期待に沿えるよう努力します。

Comment by: ラフェア  | 2009年 04月20日 | 編集

>ハーブによって最適温度が違うかもしれません。
そうですね。
緑茶にしても、玉露はわりと温度は低めで淹れて、番茶などとは淹れる温度が違いますものね…

>って言いつつ適当に入れちゃう事が多いですw
ほんとよく分かります。(^^ゞ

でも、ラフェアさんの記事は大変勉強になります。φ(..)メモメモ

Comment by: yuukeisyu  | 2009年 05月21日 | 編集

>yuukeisyuさん
玉露と番茶で入れる温度が違いますよね。
とにかく自分でいろいろと調べてみるつもりです。

yuukeisyuさんも普段お茶入れるときはそんな感じですか。
慣れてきたり忙しいと適当になりますよね(^^;

Comment by: ラフェア  | 2009年 05月21日 | 編集

やっぱりカップなどを温めた方がさめにくいのですね^^
お客様とかには、カップは温めるべきですね~。

私は温めずに注ぎますが、
それでも熱くて一向に飲めないので
小さめの氷を投入してしまう、邪道ぶりです(>ω<;)
猫舌なのかしらん。

Comment by: ひとみ  | 2009年 05月21日 | 編集

>ひとみさん
はい、特にティーポットとティーカップを使用した場合は、カップにお茶を移すときにかなり温度が下がりますね。

カップが温まっていると、丁寧なおもてなしを受けているという印象を受けますね。
それとホットを飲むのに冷たいカップを持つのは、あまり良い感じがしませんし(普段はそんなこと気にしませんよ)。

カップを温めておくことが美味しくなることに繋がるかはまだなんとも言えませんので、そちらはこれからいろいろと調べていきます。

ひとみさんは間違いなく猫舌です(^^;
猫舌ですとお茶を飲むのはなかなか大変ですよね。

あるいは思い切って玉露のように低温で抽出してみるとか?
意外と飲みやすいかも。
というかどんな風になるのか自分が気になってきました。

Comment by: ラフェア  | 2009年 05月22日 | 編集

やっぱり猫舌だったんだ~。
もしやとは思っていましたが(笑)
皆さん、注いだ直後にのめるんだ・・・

低温抽出実験
ぜひお願いします(笑)

飲みやすそうだけど、
成分があまり抽出されないかな・・・?
どうなんだろ~
私も気になりだしました(笑)

Comment by: ひとみ  | 2009年 05月22日 | 編集

>ひとみさん
でも猫舌の方は結構いらっしゃいますよ。
自分の周りでも熱いお茶を飲むときは、かなり長い間ふーふーして、それからちょっとずつ飲んでいく方が何人もいました。

低温抽出実験はやりたいとおもいます。
ただ、成分の抽出がどうかという話になると調べるのが困難なんですよね。
それでも風味の方と一緒に出来る限り調べていきたいと思います(^^

Comment by: ラフェア  | 2009年 05月22日 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class=/span!--/plugin_second--